★YouTube配信動画,  傘帽子

★Vol.438.注目!剣を持つた七福神がある理由!

八王子から始まり、八柱、八千代をすべて繋ぐと「八」がある。八千代とは、は「永遠に幸あれ」と言う意味である。この八千代の龍道は皇居を通っている。八王子から皇居を通って八柱、次に八千代を通り最後に銚子市に至る。銚子だけが八という字がない。銚子は八という数字が並んだ龍道にならないが、バカラでは、7つの星が並んだ北斗七星の7つの星型の柄杓(ひしゃく)を意味する。銚子市にある地球が丸く見える丘の近くには犬吠埼がある。犬吠埼の犬は刀の剣であり、8人の剣を持った神、八剣士が神の遺伝子を色濃く受け継ぐ天皇陛下を守るために世を作り上げたと言う。これらを繋ぎ合わせると、犬吠埼の剣が1つの北極星に値し、北極星と剣で八の数字となって、龍道が抜けることが出来ると言う。八福神が剣を持っていた時代に、天皇陛下と三次元の世を守るために地獄、天国と極楽を作り三次元を作った。そして英雄たちのご利益を皆に与える為に八福神の神として伝説で残した。その後、大衆に受け入れられやすい様に神から剣を取り去って今の七福神となったのである。七福神に吉祥天が加えて八福神であるが、過去において、大小の時代の転換期が訪れたが、吉祥天が現れないことで何度か失敗をしている。吉祥天は妙見菩薩イコール創造主であり、大きな時代の転換期=ターニングポイントに現れるのである。神々は、天部の戦いを終えた後、吉祥天は七福神を残して、1人だけ創造の旅に出た。今、大きなターニングポイントを迎え吉祥天が現れている。七福神+吉祥天で八福神、八剣士、八大龍王、八王子というように「八」が付く謎が解けるのである。

コメントを残す