★YouTube配信動画,  傘帽子

★Vol.443.注目!2日の節分の豆まきのヴィジョン!

2021年は、21という大師様の数字が入っている年である。大師様の1200年に渡る壮大な計画を実施している我々のdragon projectの進行からも、今年は重要な年である。改めて気が引き締まる思いである。2月2日は節分である。今までのメッセージでは22の意味する内容は「破壊、注意しなさい」など、あまり良くない数字。しかし、22の意味する内容、2月2日の節分の行事の本当の意味、それは昔から、光の民が節分に人々にメッセージを込めたことと関連する。豆まきは「鬼は外」と言って外に豆をまく、「福は内」といって部屋に豆をまく。これは、一般的な解釈では、鬼を外に追いやり、福を我が家に招き入れると解釈されるが、光の民が節分に込めたメッセージは一般的な解釈とは異なるものである。まく豆というのは生命の伊吹、つまり未来の子供達を言う。「鬼は外」の鬼は、未来の世界に通じる門を守る門番を言う。つまり、門番とは鍾馗様と金剛夜叉様であり阿弥陀如来様と薬師如来様である。「福は内」の福は光の民だから神は門の中にいる。「福は内」と言って部屋に豆をまくのは、門の内側の神が生命の伊吹である種をまくと言う意味である。節分は、創造主が創造した世界の「破壊と再生」、つまり鬼が破壊し神が種をまいて再生することを意味するのである。これは節分の行事の中に、光の民が込めたメッセージを読み解くバカラと言える。2月2日は節分の日、22が入る2022年は重要な年になるであろう。

コメントを残す