★YouTube配信動画,  傘帽子

★Vol.483.必見!死にゆく者の事を忘れる事なかれ!異方人と救世主!

大師様は「死ぬ者の事を忘れることなかれ」と伝えてきた。多くの人は、亡くなった人の事を何日か経つと忘れ、普通の生活に戻ってしまう。しかし、大師様はそれでは駄目だという。人としての生き方は、亡くなった人の事をいつも考えて手を合わせて忘れない事が大切であると言う。我々は、メッセージを受けた様々な神社などを回るが、その中に靖国神社がある。人の為に亡くなった人の御霊を大切に思って、いつまでも思い続ける事が大切なのだと言う。靖国神社の魂の重要性は、そういう事から来ているのである。多くの人が、人の為に散っていった人の御霊に手を合わせることで、吉祥天様の心が穏やかになると言う。吉祥天様とは、一言で言うと、義理と人情の神様、義理を通して人情で応える神様なのである。 光の民への案内人、光明方示は、我々の次元とは異なる高次元の光の民からのメッセージを人々に示して、正しい魂の方に導く人という意味で「異方人」である。「この世の空(むなしゅう)を追い求め、友愛の心で慈悲を考える」 異方人、光明方示と名のるのである。異方人は、「空」でありメッセージを受け取る人であるが、生まれ持って、過去の時空に存在した記憶を持っている。1人1人の世界がある中で、自分の世界に様々な光の民の膨大な情報を詰め込むことが出来る。異方人の「異」は異なる空間である次元や宇宙との繋がりを意味し、「方」は方角の方で、光の民のメッセージを伝えて人々を導く「人」を意味する。まず、この世に現れるのが、まず異方人なのだと言う。光の民のメッセージを受けるのは、ただ1人の異方人であり、ただ1人の異方人が、ただ一人の救世主を探し、その救世主の力を使って時を操る。時を操るという事は、過去のフリーズしていた時を現代に巻き戻すという事なのである。その一人の救世主は時を操る。これには過去フリーズしていた時の力も加わってくる。そして組織を作り、仲間を集め、仲間にチャンスを与えて育て、組織を動かして大きくしていく。そして調査し、謎を解明してゆく。救世主やメシアがやることは、簡単な事ではない。時空の垣根を越え、様々な段階を経て、今の段階に到達して来ているからである。カムイの神から、斜里のオロンコ岩に来なさい、其方達に八雲八宗の力を授けると伝えられた。八雲八宗の力を得ると言うことは、その力で時を操るという事である。光の民が、白虎に購入するように伝えたオメガ製のホワイトサイドオブザムーンという白い時計は、時を操るアイテムとなると伝えられた。光明は、今日の通信を受けて、興奮した。今まで、光の民から、様々な神社や聖地などで様々な力を与えると、ずっと言われてきた。そして、我々は、光の民の指示通りに動いてきた。今まで様々な力があり、○○の力を与えるという指示が多数あったが、それらの意味が、今日、ようやく繋がって答えが出たのである。八大龍王の力は、8で、この力は、四神の力と青龍(皐姫)の虹の力を合わせた力である。大師様は「死んでもそれは死ではない。人はみんな時の中で生きている」と言う。皐姫様の虹の力は、時空を操る力であり、過去を巻き戻せる力である。皐姫様のお墓が6月末に完成し、皐姫様が我々のプロジェクトに関与する事で、過去を現代へと巻き戻す事が可能となった。それにより、フリーズした過去の英雄達の力が現代に蘇り、現代の世の時空と融合することで大きな力となるのである。

コメントを残す