★YouTube配信動画,  傘帽子

★Vol.565.注目!最後に創造され、三次元世界に降りてきた人々とは日本人だった!

日本人が今の三次元世界の日本列島に最後に降ろされたが、日本人がこの三次元に降ろされる以前から、さまざまな三次元的な宇宙人が、さまざまな地域で人間に独自の遺伝子操作を行ったことで、人間は世界的に人種的多様性を持つに至ったという。 光の民からのメッセージによると、日本人は光の民の遺伝子を濃厚に持っていて、完全体に近い形で最後に今の三次元に降ろされた。 基本的に東洋人はムー大陸のアルザルの民が創造したという。しかし東洋人といっても多種多様である。 次の内容はあくまでも光の民からのメッセージで伝えられた内容である。それは、今の隣の大陸と半島に住む人達は、光の民の失敗作であるという。今も光の民の意に反する人たちが多いという。光の民、彼らに再三にわたり警告してきているが、一向に自分たちのやり方を変えることはなく、滅びの道を歩んでいるという。インド人やアフリカ人などはアヌンナキが遺伝子操作を行って創造した。一方、欧米人はアトランティスの人々が創造し、その一部の欧米人は巨人族の流れであり、一部は金星人とつながりがあるという。 アトランティスは、誤ったテクノロジーで進化を遂げたことにより、光の民によって滅ぼされた。しかし、一部の人たちは五次元に上昇し、また、一部の富裕層などは宇宙船で金星あるいは木星に逃れたという。

コメントを残す