★YouTube配信動画,  傘帽子

★Vol.598.注目!真実の歴史!諏訪湖の八重垣姫の伝説!

八重垣姫の伝説というのが諏訪湖にあり、それが物語になっている。八重垣姫は謙信の血筋の妹とも言えるお姫である。武田信玄の甥か息子が、八重垣姫と共に伝説になっている。狐の導きにより女装し、どこかの地に逃げ、二人は逃げた地で巡り会って幸せに暮らした。この伝説は、信玄と謙信が成し得なかった夢物語ではないかと言われている。本来、二人はこういう結末になりたかったのだ。謙信の所の地を逃げ出す時に女装をし、信玄はそこの地を去り、自分を待つ甲斐の国(現在の山梨県)に戻って信玄を名乗った。女装をしたのは、本当は信玄の息子である勝頼が、武田家の兜を取りに来るために花売り娘の恰好をしたためである。敵同士であったが、潜入して狐の導きにより二人は会う事になっていた。そして諏訪湖から逃げる事が出来たという実際に残っている伝説である。息子であるとか娘であるとかは関係なく、若き頃の自分らの事を二人に託すため二人が結ばれる結末を考えて実現させた。しかし結ばれなかった信玄と謙信は、僧侶の道に入っていくことになる。

コメントを残す