Uncategorized

★Vol.603.注目!玄天経典を発刊する意義!

私は、弘法大師から白龍虎俊というペンネームをいただき、現代版の玄天経典を、人々の「未来への導道しるべ」として出版し、多くの人に読んでいただくように命じられた。これは私に課せられた重要な役割の一つである。大師から「この書が多くの人に読まれることで、この世が正しい方向に向かう」というメッセージをいただいている。難解な言葉を用いている書は世に多いが、多くの人々にその内容が伝わらなければ何の意味も成さないのである。現在版の玄天経典は、光の民のメッセージを、多くの人に伝えることを主眼として書き記した。 光明方示が日々、光の民から通信を受けた内容が彼の口から発せられ、その言葉を録音し文字に起こし、その難解な内容をわかりやすい言葉を用いて記録している。大師は「光の民から指定された神社や寺、湖などの聖地を現地調査し、そのデータを大師から授かった馬鹿羅の手法を駆使して解き明かしていくこと自体が玄天経典そのものだ」と言う。その内容を書き記して世に送り出すのが、現在版の玄天経典なのである。大師が各地の聖地に、我々が解き明かすべき暗号やアイテムを隠し、一二〇〇年の時を経た現在、我々は、光の民のメッセージを受けて現地調査を行い、玄天経典に秘められた謎を解き明かしていった。弘法大師の壮大な光の民の計画である玄天経典が、一二〇〇年の時を経て、現在、このターニングポイントにおいて「我々の未来への道しるべ」として、現在に甦るのである。

コメントを残す