Uncategorized

★Vol.632.驚愕!平将門公の影武者と光の民のハイテク・シールド技術!

平将門公の影武者と光の民のハイテク・シールド技術 皐姫の慰神碑が建ち、そこにある石碑には、平将門公と義兄弟である藤原秀郷公、村岡五郎公もお祀りしている。そのことにより、平将門公は、今まで離れていた義兄弟である藤原秀郷公、村岡五郎公とも一緒になれることができた。平将門公と藤原秀郷公、村岡五郎公の三人が、光明の前に現れて、「我々はようやく落ち着いて休むことができるようになった」と、そのお礼に計画の真実を話してくれた。皐姫も平将門公、藤原秀郷公、村岡五郎公も、光の民の計画の下で行動していたという。そこには光の民の力添えがあり、光の民の法力を使っていたという。これらの光の民の法力とは宇宙的な力である。宇宙的な力とは、霊的とは言えない力であり、それは宇宙的なテクノロジーであったという。平将門公は、世話になったので次の真実を教えると光明に語った。次のことは衝撃的な話であるが、敢えてこの玄天経典第三巻に記載することにした。平将門公は、光の民と接触し、光の民の命により動き、宇宙の最高神である梵天の力を借りて事を成していたという。東京都江戸川区の徳川家の先祖がいる場所の近くに大師由来の寺が三つあり、そのすぐ近くに水天宮がある。そこに住んでいた水神が梵天の使いであったと言う。その水天宮水神は、宇宙的な力である法力を使い、今で言う整形手術をするのが得意な神であった。飢饉になって困った時、平将門公は梵天と創造主からメッセージを受けて一つの計画を立てたという。平将門公は、光明が龍角寺の祠を撮影したときに首が映し出されたが、あれは自分の影武者であると言う。今日の都でさらし首になった将門公の首は、何ヶ月も腐ることなく笑ったり話をしたりしたと伝わっているが、それには理由があるという。将門公は、自分も影武者も両方とも死んでなく、実は、さらし首になった将門公の首は、水神のテクノロジーで作られた首のロボットのようなものであったという。光の民のテクノロジーで作られたロボットであったので、腐ることもなく話をすることができたのである。その当時の人々がそれを見ても将門公の首であるとしか思えないであろう。一方、平将門公は、その後、東京都江戸川区の徳川家の先祖がいる場所の近くに大師由来の寺の僧侶になって生涯を送ったという。元々、大師由来の寺は一つの大きな寺であったが、当時、平安時代に寺を三つに分けて、三種の神器を取りあえず隠して、首塚に三種の神器の勾玉の本体を隠したという。戦後、米軍が平将門公の首塚に手を加えようとしたとき、触れてはいけない物に触れてしまい、大きな事故が起きたのであろう。なぜなら、そこに、光の民のアイテムである三種の神器の勾玉がそこに納めてあったからである。諏訪湖と平将門公の首塚の二ヵ所に納めてある勾玉が一つになるとき、次元の鍵が開くという。その次元の扉が開く時期は、北の聖地で夢想花の儀式をやった時に全ての龍道がつながって動き出す。大師由来の寺には、梵天の指示によって安徳天皇もその寺に迎え入れ、安徳天皇の血筋の子供が徳川家康の影武者になった。徳川家康の影武者の顔は、水神のテクノロジーであるシールド技術などによって家康と見た目をそっくりにしたという。 ・皐姫には影武者がいた 史実の資料などでは、皐姫は三姉妹であったとされているが、実は皐姫は一人娘であったという。皐姫の言い伝えは、千葉県を中心として近隣に多数あるが、皐姫を逃がすために皐姫の二人の影武者を用意して皐姫を逃がしたという。真実を隠すために様々なフェイクを仕掛けたのである。 ・平清盛公の時代の末期に流行った不思議な疫病 次の様な話が光の民から伝えられた。平清盛公の時代の末期には正体不明の疫病が流行ったという。光の民によると、この流行病は回虫が腸の中で暴れるという疫病であったという。この病に罹った人は、お尻から固まった長い変なものが出てくる。そして何よりも困ったことは、性格が鬼のように凶暴になることである。その病を治す方法がなく、鬼のような凶暴な人が増えていったという。そこで、その凶暴になった人たちをまとめて、九州からとなりの大陸や半島に送ったという。その後、そういう人たちがそこで子孫を増やし、その血筋が受け継がれて現在に至るという。

コメントを残す