ドラゴンチャンネルの最新情報

ドラゴンチャンネルをご覧いただいている皆様へ (1)Youtube Dragon Channel を視聴していただくには、チャンネルへの登録が便利です。  ドラゴンチャンネルを再生している時に、右下に表示されるチャンネル登録をタップすることで、そのチャンネルが更新された際に、情報を受け取れるようになります。     (2)Dragon Channel Twitter では、YouTube配信動画+配信動画のハイライト場面をツィートしています。  ドラゴンチャンネルの地上波では流すことができない奇跡の動画をお友達や仲間にリツィートすることで伝えることが出来ます。     (3)Wordpress.comのSubscriptionシステム(Jetpack by WordPress.comというプラグイン)により、新着情報の無料メールの配信を始めました。 Dragon Channel HPの新着情報の配信登録は、メールアドレスを記入して配信登録すれば、Dragon Channel最新情報をメールで受信できます。      (4)『ドラゴンプロジェクト』のプロジェクト内容はこちらになります。 Dragon Project – ドラゴンプロジェクト (dragonchannel-hp.com)    (5)にほんブログ村ランキングに参加しています。 こちらでもにほんブログ村の読者登録することで、Dragon Channel HPの最新情報が取得できます。     2.Youtube Dragon Channel  (1)最新の配信動画 諏訪湖に伝わる伝説の八重垣姫は、実は、謙信の若き頃の姿だったと言われている。それはまだ当主になる前の少女の頃である。そこへ家を飛び出した不良の侍、浪人である若き頃の信玄と愛し合って子どもが出来た。この事は八重垣姫の周りにいる身内や家臣だけが知っており、このまま放っておけば信玄に知れて殺されてしまうと危惧していた。信玄を逃がすために自分の国である甲斐の国(現在の山梨県)に帰そうとして、八重垣姫が狐のお面をかぶって船頭に化け、船に菜種を沢山積んで、歌を歌いながら花を売る花売りの娘に化けた。そしてその中に女装をした信玄が入って、諏訪湖を渡して帰した。信玄は山梨県で、謙信は諏訪湖の向こう側にあった。当時はそこが上杉家の領土になっていたのだが、戦いで武田家に奪われてしまった。いずれにせよ、信玄と謙信の領地は隣り合っていたので非常に危険であった。その当時は諏訪湖が境界線の様なものになっていたのである。そのため、怪しまれない様に狐のお面をかぶってそこを渡って行った。関所では、信玄は、顔をやけどしているからと、狐のお面をかぶって声だけ出して何とかお願いしますと言ったが、番所の侍にとがめられた時に、私は女ですが、顔が焼け爛れて見せる訳にはいきません、申し訳ありませんと言った。「確かに声は女だ、男ではないから通って良し」と言われて通してもらった。これは子どもが出来た頃の話であるから、また後に会っている。一度帰ったが、戦いの中、謙信に戻って会っていたと思われる。それは謙信が十三、十四歳の頃であった。子どもが出来るまでお忍びで会っていたのである。そして子どもが生まれると、二人の子どもである信長を刀八毘沙門天という僧侶に預けた。その後、戦いまで二人は会っておらず、信玄はそこで謙信と別れてしまった。 【聖地・パワースポットツアー】 ※ツアーの案内動画は随時バージョンアップしてお知らせいたします。 【★ツアー概要】  ←ツアーの詳しい内容はこちら 【★参加方法】  ←参加したい方はこちらをご覧の上お申し込み下さい 【★申し込みフォーム】 ←申し込みはこちらからお願いします ※現在募集は行っておりません。     (2)人気の配信動画 *徳島県の一宮神社での不思議な映像、撮り始めるとすぐスローモーションになりました。スローモーションになる時は時空が変化するときで、不思議な物がよく写ります。今回は、階段に手をかけて「よっこらしょ」と登っていき、羽を広げて飛び立つ半透明で白い妖精の姿を動画でとらえました。細かいコマ送りで画像を見てみると、階段に手と足を使って1段ずつ登り、飛び立つ瞬間を見ると、人型で手足があり、羽が生えた妖精に見えます。光明の見立てでは、このような妖精も座敷わらしも龍神様であると言うことです。     3.ドラゴンチャンネルツィッター ドラゴンチャンネルツィッターでは、YouTube配信動画+配信動画のハイライト場面をツィートしています。             4. ドラゴンチャンネルサーバーの運営状況 一部コンテンツで不具合が出ておりますが、コンテンツを再開しております。 皆様のご支援・ご協力ありがとうございます。    … 続きを読む ドラゴンチャンネルの最新情報