★YouTube配信動画

YouTube『ドラゴンチャンネル』の配信動画リスト

  • ★YouTube配信動画,  傘帽子

    ★Vol.566.真実の歴史!一人の旅の僧侶が勾玉を手渡した!

    ある時、二人が話をしている所に一人の僧侶が現れた。その僧侶は旅をしていて、「そちらにいる御仁は何々の姫様ではないか?」と尋ねたが、「私は男であるから姫ではない」と答え、僧侶は「そうか。それならそれで良し」と納得した様子で二人の事を見ていた。人はこれから先も友情を深めつつ、ある事を成し遂げなければならない運命にあった。僧侶は「今はもう、其方が男でも女でもどちらでも良い事だが、私の持っているこの玉をあなた方に預かってほしい。二人の友情の印としてこの玉を受け取ってくれぬか」と頼んだ。見ると、その玉は勾玉で、白と黒の二つで一つになっていた。僧侶は、「これを友情の証¥あかし¥だと思って大切にしなさい。そうすれば、未来永劫方達の国は、たとえ見かけ上、二人が争っていても仲睦まじく最後を迎える事が出来るであろう」と言った。それを聞いた謙信は、「あなた様はどなた様なのでしょう?」と尋ねると、「私は毘沙門天である。私は旅をしている時に幼い頃の謙信と出会った」といい、その僧侶は信玄に、「謙信は実は女性なのである」と明かした。それを聞いた信玄は「謙信が女性であろうがその様な事は全く問題なく、我々はこれからも親友同士である」と驚きもせずに答えた。実は上杉家には呪いをかけられていた。その呪いとは、謙信は必ず男として生きて行かなければならず、もし女であるならば国を滅ぼされ、命も取られるという恐ろしいものであった。そのため、本当は女でありながら男を演じなければならなかったのだ。その魔を祓うためには龍の宝玉を持って来なければなかったが、その地には呪いがかかっており、男でも生きて帰っては来るのは難しかった。女性の謙信には無理難題だったため、信玄が謙信と一緒に取りに行く事になったが、それが原因で病に侵され体を蝕まれてしまうことになる。信玄の「龍の宝玉はお前と俺との友情の証だ」との言葉に謙信は感動し、後に人は同時に出家して僧侶となった。僧侶ならば男も女も無く平等に付き合えるからである。茨の運命を背負いし二人は、今後、事を成し遂げて行くが、この二人の前に、やがて織田信長が現れるのであった。

  • ★YouTube配信動画,  傘帽子

    ★Vol.565.注目!最後に創造され、三次元世界に降りてきた人々とは日本人だった!

    日本人が今の三次元世界の日本列島に最後に降ろされたが、日本人がこの三次元に降ろされる以前から、さまざまな三次元的な宇宙人が、さまざまな地域で人間に独自の遺伝子操作を行ったことで、人間は世界的に人種的多様性を持つに至ったという。 光の民からのメッセージによると、日本人は光の民の遺伝子を濃厚に持っていて、完全体に近い形で最後に今の三次元に降ろされた。 基本的に東洋人はムー大陸のアルザルの民が創造したという。しかし東洋人といっても多種多様である。 次の内容はあくまでも光の民からのメッセージで伝えられた内容である。それは、今の隣の大陸と半島に住む人達は、光の民の失敗作であるという。今も光の民の意に反する人たちが多いという。光の民、彼らに再三にわたり警告してきているが、一向に自分たちのやり方を変えることはなく、滅びの道を歩んでいるという。インド人やアフリカ人などはアヌンナキが遺伝子操作を行って創造した。一方、欧米人はアトランティスの人々が創造し、その一部の欧米人は巨人族の流れであり、一部は金星人とつながりがあるという。 アトランティスは、誤ったテクノロジーで進化を遂げたことにより、光の民によって滅ぼされた。しかし、一部の人たちは五次元に上昇し、また、一部の富裕層などは宇宙船で金星あるいは木星に逃れたという。

  • ★YouTube配信動画,  傘帽子

    ★Vol.563.注目!もう一つのこぶとり爺さん!

    こぶとり爺さんという昔話があるが、この昔話を現代版に置き替えてみる。ある所に良いお爺さんと悪いおじいさんがいた。二人は隣どうしに住んでいた。良いお爺さんは、お人よしで明るく陽気な性格で前向きな考え方を持っており、周囲からもそう思われていた。悪いお爺さんは、相手の事情や周りの雰囲気を察することなく、自分本位であり、他人を気遣うような心は持っていなかった。悪いお爺さんには借金があった。お金の使い道は、自分の欲しい物を購入したり、博打をしたり、意中の女性を振り向かせるための高価なプレゼントを買ったり、自分のためだけであった。良いお爺さんも借金が多く、その生活は困窮していた。それは、何か行事や催しものなどがあるときにはお金をだし、困っている人がいれば助けていたからである。人の良いお爺さんを利用して借金を背負わせたりする者もいた。その中には隣の悪いお爺さんもいた。良いお爺さんは、借金が多く首がまわらない状況であったが、自分がしてきたことに対して後悔はない、自分の支援した人々が、幸せに生活していることを願って明るく前向きに暮らしていた。良いお爺さんは、そんな人生を送っていたが、ある日、お金はないが、丁半博打の賭場に立ち寄ってみたくなった。お爺さんは少し酒が入り、ほろ酔いでいい気分だった。賭場ではある時は笑い声が聞こえた、ある時は気迫を込めた鉄火場を目にした。結局大負けしてしまったのだが、お金は持っていない。良いお爺さんは賭場の親分の所に連れていかれ、賭場の親分に「お前は金もねえのに、なんで博打をうちにきたんだ」と聞かれた。良いお爺さんは正直に答えた。「今まで生きてきたが、こういうものが世の中にあったって知らなかったのです。賭博は怖いものだとわかっていたけども、生きているうちにこういうものを一度経験してみたかったのです」。すると賭博の親分が真剣な目をして、「そうか、こういう場所はあまりよくないもんだ。あんたのような爺さんが来るようなところじゃねぇよ。だが、まぁ今日だけは大目に見てやるから楽しんでいくといい。子分にも言っておく」と良いお爺さんに伝えた。その時、賭場で負けを重ねた一人が親分に「金をかえしてくれ!」と親分にしがみついてきた。それを見た良いお爺さんは「親分さん。俺が親分さんのところで寝ないで働くから、この人のお金を返してやってくれないだろうか」と言った。ヤクザの親分は、呆れ顔で「爺さん。お前さんはなんで人の為にそこまでやるのだ?」と聞いた。良いお爺さんは「そうしたらこの人は助かるだろう?」とヤクザの親分に言った。その時、ヤクザの親分はふと、自分の親のことを思い出してしまった。親分にも何か訳ありの過去があったのだろう。良いお爺さんの一言により、親分にしがみついた男は金を返してもらうことになった。良いお爺さんはそろそろ帰ることにした。その帰り際である。親分が近づいてきてこう言った「爺さん。お前、いろんなところで借金しているみてぇだが、俺がまとめてその借金を全部帳消しにしてやる。世の中な、こんな怖い場所もあるってことを覚えときなよ。それと、爺さん、人の為に生きるのもいいが、これからはお構いなしにやるんじゃなくて、よく考えてから決めるんだな」。そんなこんなで、親分に借金を帳消しにして帰してもらった。そして、このことを隣の悪いお爺さんに話した。それを聞いた隣の悪い爺さんは、あの爺さんと同じことをやれば自分も借金を帳消しにしてくれるかもしれないと考え、早速、賭場に向かった。すると良い爺さんの時とは逆に、博打に勝ってしまった。しかしそれも最初だけで、調子に乗って遊んでいるうちに最後はスッテンテンになってしまい、どうしようかと思っていた。悪い爺さんは隣の人が金を持っていたのを知っていて、その金を盗んでしまった。その盗んだ金でまた博打を続けていると、勝ちに勝って借金がチャラになるくらいの金額になった。悪い爺さんはそこで帰る事にした。その帰り際にヤクザの親分に捕まった。悪い爺さんは、ヤクザの親分から「お前な、一回文無しになった時、隣の客から金を盗んだだろう」と言われた。悪い爺さんは答えた。「私はそんなことはしていませんよ。こんな場所なんて来たのは初めてですし」と言って、博打に勝った金を持って帰ろうとした。その時、悪い爺さんは取り押さえられて、勝ったお金は全部取り上げられ、それどころか自分の持ち物も全部取り上げられてしまった。そして賭場にいた隣の客の借金も背負わされてしまったのである。親分はその客に「この爺さんがお前の借金は全部払うから。お前は帰っていいぞ。だがな、お前、もう二度とこんなところに来るんじゃねぇ。ここはお前のような人間がくるようなところじゃねぇんだ」と言った。そして、その親分は悪い爺さんに、「ところでだ、爺さんよ。お前はこれから一生、自分のやった行為を何年もかみしめて償うんだぞ」と言った。この昔話は少し現代風のこぶとり爺さんでした。

  • ★YouTube配信動画,  傘帽子

    ★Vol.562.真実の歴史!上杉謙信と武田信玄の出会い!

    上杉謙信と武田信玄の武勇伝はよく語られているが、今回の物語はその真実を語ったものである。信玄の顔は亡くなる時、人形の様な顔に変わっていた。信玄の顔があの様に変形したのには複雑な事情があった。武田信玄と上杉謙信の二人が若い頃に、山奥で修業している時にばったり会い剣をまみえた事にあった。その時はお互い勝負がつかず、強い二人はすぐに打ち解けて、無二の親友となり少年時代から青年時代を共に過ごした。しかし彼らには、それぞれに秘密があった。ある時、彼らはお互いの秘密を打ち明け合った。玄は、「実は、僕は武田信玄を名乗っている。とある殿の後を継がなければならないが、それを見送っている」と打ち明けた。一方、謙信も、「実は僕も自分が守っている国の上杉謙信である」と打ち明けた。彼らは話し合い、これからはお互いに自分の国を守ることになり、国同士が戦いや争いになる事もあるだろう。その時には互いによく考えて、勝負はしても傷つかない様な方法でやることになった。武器は持つが被害が及ぼさない木刀や竹の様なもので、勝負を決めることにする。沢山の勝負が行われた中で、勝負がつかなかったと言われているのは、真剣を使わなかったからである。しかも、勝負は信玄と謙信の一騎打ちの形で行った。その時、あくまで二人は敵対している様に見せつつ、お互いの国に被害が及ばない様にうまくやりながら、周りの国と戦っている事にしようと二人で決めていた。

  • ★YouTube配信動画,  傘帽子

    ★Vol.561.注目!聖なるダムの山の裏側にある望来湖の超古代遺跡!

    聖なるダムの山の裏側に望来湖がある。望来湖はアイヌ語で「水の流れがない静かな遅い川」という意味である。札幌の丘珠のモエレ沼もアイヌ語であり、この場所も龍神、ムー大陸、古代遺跡とつながっている。この北の聖地の山には超古代文明の遺跡があると思われる。スタッフのiPhoneに勝手に望来湖の航空写真のメッセージが入った。この湖の周りに砂利道のようなものがあり、ナスカの地上絵の様にも見える。緑の光体も航空写真に写っていた。